勉強

【暗記法】英単語10個、どう覚える?【見る場合】

スポンサーリンク

どうも皆さん。英単語、覚えてますか?

これまた前回↓からの続きです。

https://rookslounge.com/memorize-read/

前回までで、暗記方法のうちの2つ(書く読む)の解説をしました。

それぞれにおいて大事だったのは

  • 覚えるまでやる!
  • 1単語にかける時間が短ければ、当然覚えるのにかかる時間も短くなる。

でしたね。

それを踏まえて、今回は“見て覚える”について解説していきたいと思います。

書いてる人の経歴

急に暗記方法と言っても信憑性がないと思うので軽く自己紹介させてください。

  • 大学4年生(理系の情報学部です)
  • 現役塾講師(テレビでCMやってる塾でバイトしてます)
先生

ちなみに塾ではリーダー講師やってます。

では始めて行きますね。

導入(どうやって暗記する?)

突然ですが(3回目)、今から見せる英単語10個15分で覚えてください。

anyway - とにかく
・following - ~に続いて
・refer - 参照する
・available - 入手できる
・department - 部門
・conference - 会議
・according to - ~によると
・likely - おそらく
・offer - 申し出る
・equipment - 機器

あなたならどう覚えますか?
ちなみにこの英単語は、僕が持ってたTOEIC用単語帳の最初から10個を持ってきました。

ある人間の場合・・・

人間

・・・

見て覚えるタイプですね、今回は彼のやり方について解説していきます(人間ってなんだよ)。

これまた前回と同じく、まずは暗記方法のやり方ポイントを解説。

それに加えて、

  • 時間…暗記するのに時間がかかる
  • 場所…暗記するのに場所を選ぶ

の2点で暗記方法を評価していきます。

3.見て覚える

テストまであと10分。自分の全てをここに懸ける。

“見て覚える”やり方

1.覚えたい単語をひたすら見る

…シンプルですね。

いやこれで覚えられるなら誰も苦労しないんですが…

人間

そうですね。

これがホントなら今頃僕は東大に行ってますし、
あなたは“これであなたも暗記マスター!”みたいな本書いてぼろ儲けしてますね()

…冗談はさておき、実はこの見て覚えるやり方は、見るという行為に他の行為がいくつか込められています。

それは書く読むです。

!?

人間

ってなりますよね。

これはこの後の項目で詳しく解説するんですが、見て覚える際、人は必ず脳内でその単語を書い読んでいます。

それを踏まえて次へ進みますね。

“見て覚える”ポイント

この項目の冒頭で、テスト10分前…という例えを出しましたよね。

実はあの瞬間って勉強してる人もそうでない人もみんな見て覚えてますよね。
(まぁ勉強してる人は見て思い出してると言った方がいい気はしますが…)

あと5分…って時に必死に紙に単語書いてる人はいないと思います。

anyway、following、refer…

人間

そんな暗記界の最後の砦見て覚える”方法ですが、これを普段の暗記方法として使っている人は意外と少ないと思います。

さらに言うと、普段の暗記方法に“見て覚える”を採用している人でも、正しいやり方で出来ている人は少ないと思います。

先生

実際に“見て覚える”をやっている生徒にやり方を聞くと、全然ダメなやり方をしていました。

先ほども言った通り、この方法では見るという行為に、書く読むという行為も込められています。

ですので、ただぼーっと眺めているだけでは何も覚えられません。

先生

さっきの生徒は何となく決めた時間眺めてるだけでした。

単語を見た瞬間にあなたの脳内にその単語を書き上げ、さらには(脳内で)大声でその単語を読み上げなければいけません。

ここまでやってやっと単語を1回書いた(or読んだ)と同じ暗記行為になります。

つまり見て覚える場合は、この行為覚えるまで続けることになるので、これまでの方法(書く読む)と比べるとかなりの集中力を必要とします。

いや他の方法も集中力いるでしょ。

人間

確かにそれはそうです。

ただ、これまでの方法(書く読む)が実際に体を動かして暗記しているのに対して、見て覚える方法は基本的にしか動かしていません。

そのため、ちょっとしたこと(スマホの通知音とか)で気が散るんですよね。

テスト前はみんな追い詰められてるのでとんでもない集中力を発揮するんですが、普段は中々そうはいきません。

ですが、本気で覚えたいならそれぐらいの集中力で暗記し続けないといけないんですよね。

つまり、結局この方法も覚えるまで続けるという所に落ち着くわけです。

“見て覚える”評価

“見て覚える”方法の評価はこんな感じです。

時間かからない
場所選ばない

“見て覚える”時間について

もうお分かりだとは思いますが、見る行為には時間がほとんどかかりません。

さっき見るの中に書く・読むがあるって言ってませんでした?

人間

確かにそう言いました。

ただ実際に書くのと脳内で書くのとではどちらが早いかは明確ですよね。

しかも脳内で書く場合、一画一画丁寧に書くというよりは、アルファベット1文字単位で浮かべていくはずです。

先生

a n y w a y って感じですね。

読むのは正直それほど変わらないですが、滑舌を必要としない分、ほんの少しだけこちらの方が早いと思います。

ですのでこの2つの行為を同時に実行しても、書く行為に比べれば全然時間はかかりませんね。

というわけで見て覚える暗記方法は、時間がかからないという評価になります。

“見て覚える”場所について

これに関してはもう説明は不要でしょう。

マジでどこでもOKです。
電車はもちろん、家の中だとお風呂でも良いですね。

唯一例外があるとすれば、

今暗記してるところを見られるわけにはいかないんだ…!!!

人間

こんな感じの人(=勉強してるところを他人に見られたくない人)ですね。

ただこれに関しては、

  • 人に見られること
  • 悪い点を取ること

この2つを天秤にかけて、どちらがいいか考えてどうするか決めたらいいと思います。

さらにアドバイスするなら、あなたが思ってるほど周囲の人間はあなたのこと見てないです(視線を気にしすぎです)。

まぁそう言っておきながら、実は僕も人に見られながら勉強するの嫌だった人間(=周囲の視線気にしすぎ人間)だったんですけどね笑

ただ、結果から逆算したらそんなことでうだうだ言ってるのはホントに無駄だったなと思いますね。

先生

逆に周りの視線を利用して「集中しなきゃ!」ってしてますね。

かなり話がそれましたが、そんな感じで見て覚える暗記方法は、場所を選ばないという評価になります。

まとめ

今回はここまで!

やっと終わったか…

人間

今回は前回と比べると結構ハードだったと思います。
ですのでその分重要なことも多く解説しました。

その中でも次回に向けて一番抑えておいて欲しいのは、

暗記には集中力が必要。

これに関してはこれまでの方法でも重要なので今更感はあるのですが、一番集中力を必要とする今回の方法で強調することにしました。

一応これで暗記における3つの方法と、その重要なポイントが出揃ったことになります。

次回はそれら全てを組み合わせて覚える方法を解説します。

1回目2回目のポイントも出てくるので、忘れた方やまだ見ていない方はおさらいしておいてくださいね。

先生

それではまた!

↓よければ応援してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ

スポンサーリンク

-勉強
-, ,

© 2021 ルークの談話室 Powered by AFFINGER5