勉強

【暗記法】英単語10個、どう覚える?【読む場合】

スポンサーリンク

どうも皆さん。英単語、覚えてますか?

前回↓の続きです。

https://rookslounge.com/memorize-write/

前回は英単語を例に、暗記方法(書く読む見る)のうちの1つ目として“書いて覚える”やり方について解説しました。

色々話しましたが、要は覚えるまでやる!

これが大事なんでしたよね。

それを踏まえて、今回は“読んで覚える”について解説していきたいと思います。

書いてる人の経歴

急に暗記方法と言っても信憑性がないと思うので軽く自己紹介させてください。

  • 大学4年生(理系の情報学部です)
  • 現役塾講師(テレビでCMやってる塾でバイトしてます)
先生

ちなみに塾ではリーダー講師やってます。

では始めて行きますね。

導入(どうやって暗記する?)

突然ですが(2回目)、今から見せる英単語10個15分で覚えてください。

anyway - とにかく
・following - ~に続いて
・refer - 参照する
・available - 入手できる
・department - 部門
・conference - 会議
・according to - ~によると
・likely - おそらく
・offer - 申し出る
・equipment - 機器

あなたならどう覚えますか?
ちなみにこの英単語は、僕が持ってたTOEIC用単語帳の最初から10個を持ってきました。

ある一般男子高校生の場合・・・

一般男子高校生

えにうぇい、とにかく。
ふぉろぉうぃんぐ、~に続いて…

読んで覚えるタイプ、今回は彼のやり方について解説していきます。

ちなみに前回と同じく、まずは暗記方法のやり方ポイントを解説。

それに加えて、

  • 時間…暗記するのに時間がかかる
  • 場所…暗記するのに場所を選ぶ

の2点で暗記方法を評価していきます。

2.読んで覚える

学校でよく分からんけど授業中やらされるやつ。効果は分からん。

“読んで覚える”やり方

1.覚えたい単語を声に出して読む

これもシンプルですね、必要なものは単語が書かれたプリント単語帳だけです。

この暗記方法では、覚えたい単語を声に出して読みます。

そうすることで、文字(視覚)だけでなく(聴覚)としても単語を認識することが出来ますね。

そもそも暗記という行為は

一般男子高校生

この単語は大事だよ~覚えないといけないよ~

と刷り込んでいく作業なので、視覚だけに頼る他の方法(書く見る)と比べると覚えやすいのでは?

と考えることが出来ます。

話が少しそれましたが、この方法でも続けられるかが大事ということに変わりはありません。

“読んで覚える”ポイント

読みたくても読み方が分からないんだけど…

生徒

それは確かにあるあるですよね。

少し前なら単語の下とか書いてある発音記号見ろ!って言ってたんですが…

anyway の発音記号↑


最近は便利ですね、スマホで単語調べたら普通に読み上げてくれます。

まぁ正しい発音で覚えるのがベストではあるんですが、テストで点を取るためだけなら最悪オリジナルの発音でもいいとは思います。

その方が頭に残るのは僕の経験からしても確かですからね。
Wednesday←こいつ未だに“うぇどねすでい”って唱えながら書いてますし笑

先ほども言いましたが、このやり方はとして単語を認識することに意味があります。

ですので適当な発音であろうがなかろうが、ハッキリ自分の耳に届く声の大きさで読むようにしましょう。

英単語なら日本語の意味も一緒に読むと記憶に残りやすいと思います。

覚えるまで続けるのは書く場合と同じです。

“読んで覚える”評価

“読んで覚える”方法の評価はこんな感じです。

時間かからない
場所かなり選ぶ

“読んで覚える”時間について

前回で話した通り、読む行為はあまり時間がかかりません。

例えば先ほどの単語のanyway、実際に書いてみると僕は3秒かかりましたが、読めば1秒もかかりません。

エニウェイ!1秒すらかかりませんよ…

生徒

まぁ読む速度はその人にお任せしますが…

ここで僕が伝えたいことは、

1単語にかける時間が短ければ、当然覚えるのにかかる時間も短くなる。

これですね。

この考え方はこの後かなり重要になるので覚えておいてください。

というわけで読んで覚える暗記方法は、時間がかからないという評価になります。

“読んで覚える”場所について

これは人によるかもしれませんが、僕的には読んで覚える方法は書いて覚える方法よりも場所を選ぶと思います。

読むだけならどこでも出来るんじゃない?

生徒

例えば、あなたは電車の中で単語読めますか?

これで「読める!」って方はもうどこでも行けると思うので、好きな場所で単語読んで覚えまくってください。

ほとんどの方はそれはちょっと…ってなると思います。

つまり、読んで覚える方法は基本的には室内、さらに付け加えるならあなたが周りの目を気にしないで済むスペースが必要だと言えます。

というわけで読んで覚える暗記方法は、場所をかなり選ぶという評価になります。

まとめ

今回はここまでです。

あっという間だったな…

生徒

前回と比べると少し短かったと思いますが、内容自体はかなり重要なことをお伝えしています。

1単語にかける時間が短ければ、当然覚えるのにかかる時間も短くなる。

この考えは次回めちゃくちゃ重要なカギになるので覚えておいてくださいね!

読んで覚えるという暗記方法を普段やっている方はもちろん、そうでない方も一度暗記方法を見直すいい機会になればなと思っています。

先生

次は見て覚えるです!

次回はこちら↓からどうぞ!

↓よければ応援してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ

スポンサーリンク

-勉強
-, ,

© 2021 ルークの談話室 Powered by AFFINGER5