勉強

【暗記法】英単語10個、どう覚える?【書く場合】

スポンサーリンク

どうも皆さん。英単語、覚えてますか?

覚えてない?じゃあ学生時代は?覚えてない!?
とんでもないおサボりさん大正生まれの方でしょうか…

というわけで今回は英単語を例に、暗記方法を解説していきたいと思います。

書いてる人の経歴

急に暗記方法と言っても信憑性がないと思うので軽く自己紹介させてください。

  • 大学4年生(理系の情報学部です)
  • 現役塾講師(テレビでCMやってる塾でバイトしてます)
先生

ちなみに塾ではリーダー講師やってます。

では始めて行きますね。

導入(どうやって暗記する?)

突然ですが、今から見せる英単語10個15分で覚えてください。

anyway - とにかく
・following - ~に続いて
・refer - 参照する
・available - 入手できる
・department - 部門
・conference - 会議
・according to - ~によると
・likely - おそらく
・offer - 申し出る
・equipment - 機器

あなたならどう覚えますか?
ちなみにこの英単語は、僕が持ってたTOEIC用単語帳の最初から10個を持ってきました。

まずは例を挙げてみますね。

ある学生の場合・・・

一般女子高生

よし!いっぱい書いて覚えないと…

書いて覚えるタイプですね、一番多そうです。

ある一般男子高校生の場合・・・

一般男子高校生

えにうぇい、とにかく。
ふぉろぉうぃんぐ、~に続いて…

読んで覚えるタイプですね、これも結構いそうです。

ある人間の場合・・・

人間

・・・

これは…見て覚えるタイプですね、意外といるのでは?

さて、あなたはどのタイプでしたか?
大きく分けると暗記方法はこの3つに分かれると思います。

  • 書く
  • 読む
  • 見る

結局どれがいいんですか?

生徒
先生

覚えられればどれでもいいと思います。

え?と思った方、もう一度言います。覚えられればどれでもいいです。

なんかとんでもない暗記法があるとお聞きしたんですけど…

人間

無いです。もう一度いいます、そんなもの無いです

語呂合わせ~だとか何とか~だとかはその場で覚えられるだけであって、結局あとで忘れるし余分に覚えることが増えるだけなので正直意味がないんですよね。

なので正しく暗記したいのであれば正しい方法で暗記すべきです。

じゃあその正しい方法を教えろください!

生徒

はい、では先に結論をお伝えしますね。

全てを組み合わせて覚える

これが正しい方法です。

一般女子高生

組み合わせる?どうやって?

それを説明する前に、まずは3つの暗記方法のやり方ポイントを解説します。

また今回はそれに加えて

  • 時間…暗記するのに時間がかかる
  • 場所…暗記するのに場所を選ぶ

の2点でそれぞれの暗記方法を評価していきます。

先生

自分のやり方と照らし合わせてみてくださいね。

1.書いて覚える

暗記方法の王道面倒だけど確実。隣のあの子もやってるやつ。

“書いて覚える”やり方

  1. 覚えたい単語を紙に書く

シンプルですね、ノート広告の裏と色々ありますが、文字が書けたら何でも構いません。

成績表の空いたところとかでもいいかもしれませんね。

書く際に使うものも鉛筆シャーペンボールペン万年筆と色々ありますが、これも目に見えるが出てくるなら正直どれでも構いません。

青色が良いよ!って聞いたんだけど…

一般女子高生

はい、それは青色が脳に与える影響(=リラックス効果)に基づいた方法なので効果的だと思います。

さらに付け加えるなら、インクの減りが見えるボールペンだと自分の頑張りが見えてモチベーションUPにもなりますし効果的ですね。

ただこれらは効果を少し底上げする(かも?)程度のものなので、無理にこのやり方にこだわる必要はありません。

好きなシャーペンがあるならそれを使えばいいですし、赤が好きなら赤色のペンでいいでしょう。

大事なのはちゃんと続けられるか、これにつきます。

“書いて覚える”ポイント

塾講師をしていてよく見るのですが、

よし!単語10回ずつ書くぞ!

一般女子高生

このやり方はダメです、覚えられません。

何でダメかというと、いつの間にか目的が

覚える”→“10回書く

にすり替わってしまっているからですね。

この後紹介する方法でも同じですが、やると決めたらその単語は絶対に覚えないといけません。

なのに10回書いたら終わり!では本当に覚えられているのか分かりません。

これは普段塾講師をしてる際に生徒に伝えていることなのですが、

「覚えられるなら1回でもいい、無理なら100回でも1000回でも書け。」

暗記は全てこれに尽きます。

“書いて覚える”評価

“書いて覚える”方法の評価はこんな感じです。

時間かかる
場所選ぶ

“書いて覚える”時間について

当たり前ですが、書くという行為は読む見ると比べるとどうしても時間がかかります。

例えば先ほどの単語のanyway、読めば1秒もかかりませんし、見たらそれこそコンマ1秒で単語が頭の中に入ります。

それに対して書く場合、実際に書いてみると僕は3秒もかかりました。

私ならもっと早く書けるよ!

一般女子高生

…残念ながらこれはそういう話ではありません。

先生

書くという行為を通して覚える以上、時間は他の方法より多くかかるよね。

こういう意味です。

というわけで書いて覚える暗記方法は、時間がかかるという評価になります。

“書いて覚える”場所について

“書いて覚える”やり方でお話しした通り、この暗記方法にはペンが必要です。

…ということはそれらを使うためのも必要ですよね。

別に床に紙おいても書けるし…

一般女子高生

そうするのは勝手ですが、さすがに道端では出来ませんよね?

つまり、書いて覚える方法は基本的には室内、さらに付け加えるならあなたが自由に使えるスペースが必要だと言えます。

というわけで書いて覚える暗記方法は、場所を選ぶという評価になります。

まとめ

今回はここまでとなります。

あれ?他2つの解説は?

一般女子高生

本当は全てまとめるはずだったんですが、予想以上の量になったのでここでいったん区切ることにしました。

書いて覚える方法のポイントは、

覚えるまでやる!

これを頭に入れておいてくださいね。

書いて覚えるという暗記方法を普段やっている方はもちろん、そうでない方も一度暗記方法を見直すいい機会になればなと思っています。

先生

次は読んで覚えるです!

次回はこちら↓からどうぞ!

↓よければ応援してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ

スポンサーリンク

-勉強
-, ,

© 2021 ルークの談話室 Powered by AFFINGER5