ブログ

【簡単】理想の“吹き出し素材”の探し方

スポンサーリンク

どうも、吹き出し💭使ってますか。

 

この記事の内容

  • 理想の吹き出し素材を見つけられるサイトをご紹介
  • 吹き出し素材の加工方法もご紹介
一般ブロガー

では始めていきますね。

 

導入

改めまして、吹き出し💭使ってますか。

僕はブログのアイキャッチ画像を作る際にめちゃくちゃ使ってます。

例えば最近投稿したある記事のアイキャッチ画像↓

このブログの記事「英単語10個、どう覚える?」のアイキャッチ画像
一般ブロガー

この画像にも2つの吹き出し💭がありますね。

僕は普段Canvaというサイトでアイキャッチ画像を作っています。

https://rookslounge.com/cocoon-header/

基本的にはCanvaにある吹き出し素材で十分満足なのですが、どうしても良い吹き出しが見つからない時があります。

先ほどのアイキャッチ画像を作っているときがまさにその時でした。

実を言うと、先ほどの画像の左にある吹き出し(【正しい方法】が入ってる方)はCanvaにはない吹き出しなんですよね↓

先ほどの画像の吹き出し部分の拡大画像

ではこの吹き出しは一体どこから手に入れたのか?

これについて今回は解説していきます。

 

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」

今回僕が使ったサイトはこちら↓

https://fukidesign.com/

どうやって見つけたかというと、

吹き出し 素材

で検索したら一番上に出てきました。単純ですね!

 

1.吹き出しの探し方

先ほどのリンクを踏むとこんな感じ↓のサイトに飛びますね。

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」のトップページ

あとはあなたの理想の吹き出しを探すだけです。簡単!

いや詳しい使い方も教えてよ。

初心者ブロガー

そうですね。

先ほどのトップページを次のページ、次のページ…と永遠に探すのも“吹き出し大好き人間”の僕なら楽しめるんですが、普通の人は面倒ですよね。

 

検索欄で探す方法

そんなあなたに検索欄

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」の検索欄

まぁトップページの上の方にあるので気づいてる方もいたと思います。

ここにあなたの欲しい吹き出し素材の形を入力検索🔍

一般ブロガー

僕は今回“横長”の吹き出しが欲しかったのでそれで検索しました。

検索するとこんな感じの画面に↓

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」“横長”の検索結果

ここからは実際に一つ一つあなたの目で見て、理想の相手を探してください。

…ごめんなさい。

先に理想の相手を見つけてしまいました…

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」“手書きなフキダシ40”の画像

冗談はさておいて、今回僕が選んだのは“手書きなフキダシ40”という名前が付いた吹き出しです。

先ほど“横長”で検索を掛けたページの次ページ(2ページ目)の下の方にありました。

 

検索欄を使わない方法

こんな感じの吹き出しが欲しいけど、言葉にできない…

女子ブロガー

その気持ち分かります、でもこのサイトなら大丈夫。

検索欄の下にこんなのがありますよね↓

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」検索欄の下の画像

この中からあなたのイメージに近い吹き出しを選べばOKです。

試しに真ん中のウニみたいなやつをクリック。

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」ゲジゲジ検索結果一覧

なんかゾワッとする感じの吹き出しがたくさんありました…

こんな感じで見た目からも探せるので試してみてくださいね。

 

2.吹き出しの色の変え方

実際に使って気づいたんですが、このサイト凄いです。

なんと吹き出しの色が変えられるんです!

上の画像の下部分にご注目。

吹き出し素材専門サイト「フキダシデザイン」カラーパレット部分

↑こんな感じで色が自由自在。

今回僕は黒板の文字色に合わせたかったので、その色に変えてみました。

完成系はこんな感じ↓

あとは好きな形式で保存するだけです。

 

3.保存形式の選び方

基本的に吹き出しは画像の上で使いますよね。

であればPNG一択です。

JPGじゃダメなの?

女子ブロガー

PNGにする理由は、背景透過が出来るからですね。

先ほどの画像を見ると分かると思いますが、このサイトの吹き出し素材は基本全て背景透過がされています。

なので保存してからわざわざ別のツールを使って背景透過する必要がないんですよね。

ただしそれはPNGで保存した場合のみです。

JPGの方がサイズが軽くて済みますが、JPG背景透過が出来ない形式なのでここは妥協しましょう。

JPGにするとこんな感じ↓になっちゃいます…

というわけで保存形式はPNGにしましょうね!

 

番外編(吹き出し素材の使用規約)

今回紹介したサイトの素材は基本的にはフリー素材です。

ただ規約を見ると少しだけ条件があったので、それも紹介したいと思います。

使用規約のページはこちら↓

https://fukidesign.com/terms/

規約のページの一部分をスクショしたのがこちら↓

一言で言うと

1人20個まで!

こんな感じですね。

Twitterでサイトを紹介すれば上限解放されるみたいです…

ちなみにTOPECONHEROESの素材サイトはこんな感じ↓

数えると全部で23個ありますね。

20×23=460個は無料で使えるって感じですかね。

いや最初の20個は無条件で使えるから480個か!

LINEスタンプは無料じゃなさそうだけど「ほめジョーズ」に紹介するやつは無料っぽいから500個か⁉

一般ブロガー

というか500個も吹き出し素材使うか⁉

まぁそんな感じでとっても太っ腹なサイトでした笑

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は理想の吹き出し素材の探し方を解説してみました。

他にもたくさんフリー素材のサイトはありますが、一番使いやすいサイトを紹介させていただきました。

今後も便利なツールがあれば紹介していきたいと思うのでよろしくお願いしますね。

一般ブロガー

それではまた!

↓よければ応援してください!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

-ブログ

© 2021 ルークの談話室 Powered by AFFINGER5